FX MT4で移動平均線の5年バックテスト及び1年半フォワードテストの検証結果 1時間足

こんにちわ

10ほど前からMT4を使用していますが、多少バックテストで検証できるようになりました。

忙しくて検証する時間の無い方のために、1時間足、30分足、15分足、5分足、1分足までの

検証結果を報告したいと思いますので、トレードに役立てていただければ幸いです。

結局メジャーなインジケータが一番安定していそう

今まで検証してきたインジケータの中で、複雑なものや変わったものなどありましたが、

その時の相場の状況によって、極端に良かったり悪かったりすることが多いため、長期的に

結果が残せる手法はなかなか見つけられませんでした。

インジケーター通りにトレードする場合、長期的な目線で見たときに結局最後に行きつくの

メジャーなインジケータが多かったです。

今回はインジケーターの中で一番メジャーな移動平均線の検証結果を報告します。

移動平均線の検証

検証方法

短期移動平均線10~50と、長期移動平均線20~100のゴールデンクロースと

デッドクロスのドテン繰り返しのみ。

損切、利益確定の決済無し。決済はドテンのみ。

スプレッドは最小値2。

これは証券会社によって違うので、ご自身の証券会社を確認してください。

バックテスト2014年~2018年の5年間で最適化されたパラメータ3位までの組み合わ

せを、2019年~2020年6月まので期間でフォワードテストを実施。

MT4のデータは、FXTF(ゴールデンウェイジャパン)の過去データ使用。

まずは、USD_JPYの1時間足

PF(プロフィットファクター)の良かった3つのパラメータ検証結果。

 1位

短期線:20 長期線:95

バックテスト(2014年~2018年)利益:288.69ドル

フォワードテスト(2019年~2020年6月)利益:約25.57ドル

 バックテスト(2014年~2018年)

 フォワードテスト(2019年~2020年6月)

 2位

短期線:20 長期線:100

バックテスト(2014年~2018年)利益:252.55ドル

フォワードテスト(2019年~2020年6月)利益:75ドル

バックテスト(2014年~2018年)

フォワードテスト(2019年~2020年6月)

 3位

短期線:25 長期線:100

バックテスト(2014年~2018年)利益:240.48ドル

フォワードテスト(2019年~2020年6月)利益:90.38ドル

バックテスト(2014年~2018年)

フォワードテスト(2019年~2020年6月)

ドローダウンが少なかったパラメータの検証結果。

 1位

短期線:30 長期線:60

バックテスト(2014年~2018年)利益:228.45ドル

フォワードテスト(2019年~2020年6月)利益:0.31ドル

 フォワードテストでは意外とドローダウンが大きいのが気になります。

バックテスト(2014年~2018年)

フォワードテスト(2019年~2020年6月)

 2位

短期線:45 長期線:55

バックテスト(2014年~2018年)利益:192.78ドル

フォワードテスト(2019年~2020年6月)利益:87.36ドル

 こちらもフォワードテストのドローダウンが大きいです。

バックテスト(2014年~2018年)

フォワードテスト(2019年~2020年6月)

 3位

短期線:15 長期線:100

バックテスト(2014年~2018年)利益:261.4ドル

フォワードテスト(2019年~2020年6月)利益:1.1ドル

バックテスト(2014年~2018年)

フォワードテスト(2019年~2020年6月)

どのフォワードテストでも一時ドカンと勝っていますが、MAはこういった勝ち方が多い

かもしれません。次回は5分足の検証をしてみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする